プロフィール

亜里

Author:亜里

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二日目。



朝、ホテルの2階綾羽・貫花にてバイキングの食事をとり、
8:15ロビー集合。
3段目

この日はオプショナルツアー。
事前申込・別途料金振込6,000円。

それぞれ分かれて3台のバス(北部観光)へ乗り込む。
全員そろっているかの確認をとるため、フルネームが呼ばれる(笑)
8:26頃ホテルを出発。
ホテルの人達?がお見送りで手を振ってくれる。
その中の一人の手が白くて巨大だった。


2号車でした。

バスガイドさんから挨拶がある。
「はいたい」
これは朝昼夜使える挨拶である。女性は「はいたい」男性は「はいさい」
歯が痛いのではありません。心配してくださった方ありがとうございます。

ここでパンフレットが配られる。

沖縄の地図を逆さにするとタツノオトシゴに見える。
人口の90%は本島。
とかそんな話がある。
そのパンフレットに、おきなわの歌として昨日のライブの最後に演奏された曲の詩が載っていた。
島唄言語



お姉さんのことを「ねえねえ」、お兄さんのことを「にいにい」と呼ぶ。
遠慮なくねえねえと呼んでください
と、ガイドさん。









ビデオを見る。





「おはようございます」とメンバーさん。
全員サングラス。
ボーリング対決をして負けたチームが罰ゲームとしてコスプレをやると、TSUKASAが主にしゃべっている。
TSUKASA・Karyu 対 HIZUMI・ZERO
TSUKASAとZEROが先攻後攻を決めるじゃんけんをする。
TSUKASAが勝つ。
HIZUMIが「先攻!」と言うと、
TSUKASAが「先攻!」と言い、ゲームが始まる。

順番は、TSUKASA、Karyu、ZERO、HIZUMI
Karyu、TSUKASA、HIZUMI、ZERO
の順でプレーをする。

ひたすら投げ続けるメンバー。
そこそこ倒すとバス内には拍手が起こる。

Karyuストライク
TSUKASAの時、「何かしないと!」と突っ込まれると、投げてからずるっと傾いた。
HIZUMIやってもうた
Karyuは投げる直前、球を頭上に掲げる。
TSUKASAサングラスを外した。
ZERO球をよくふく。
HIZUMIやってもうた
Karyuは順番がわからなくなるので、毎回TSUKASAと指を差し合ってた。

こんな感じでTSUKASA&Karyuが1勝
合計点を競うので2回戦

TSUKASAやべえ
Karyu動きが変
HIZUMI全然
ZERO「笑いとかいらないから」とHIZUMI
TSUKASA足が変だ
TSUKASA投げる直前「ヘンダヨ!」とHIZUMIに突っ込まれる。
ZEROサングラスを外した。

「バンドってのは支えあっていかないと」
「なるほどねー」
↑誰と誰の会話か把握できなかった。

HIZUMIストライク
倒したところで勝てる?足りないじゃん


結果。
244:232
TSUKASA&Karyu勝利。


罰ゲームは、HIZUMIとZEROに決定。

場面は切り替わって、TSUKASAがしゃべっている。
顔の前で卓球の球がポンポン跳んでいる。ちらっと映ったのはKaryu?
TSUKASAがマイクにみたてて卓球のラケットをHIZUMIに向ける。「どうでしたか?」
HIZUMIとZEROは沈んでいる。

こんなでビデオは終了。
バスの外に広がる景色を見る方がいいのか、面白いメンバーを見る方がいいのか、選択に困る時間でした。





このビデオの途中でどっかのパーキングで休憩を挟みました。地名がわかりません。
9:06頃から9:20頃まで
とても小さなパーキング?で、ほぼマニアでした。
海が見えて横に小さな道路がありました。
蝉みたいなのが鳴いてました。
木道路山かりゆし?雲






ビデオが見終わったところで、次はJTBの人が
ガイドの話が聞きたいか?それとも空港からホテルまでに見たビデオが見たいかの問い。ガイドさんの話がいい人?誰もいない
ので、やっぱりビデオへ。
ZEROがそんなの関係ねえって言ってるビデオをまた見て


ガイドの話
桜の話題
水族館にジンタくんがいる
しちゅんは好きという意味で、ゆいまーるは支え合うという意味
さっきのビデオで音声だけ聞いていたんですが、言ってましたね

段々目的地に近づいてくる。

水族館でメンバーと待ち合わせの予定になっている、とガイドさん。
マニアが盛り上がる。
しかしJTBの人はメンバーがバスに来る!と言う。
マニア騒然。


10:20頃海洋博公園の駐車場に到着。
メンバー達は1号車からまわっている様子。





来た!!

まずKaryu
「あんま水族館とか来ないんで」
ZERO
「俺の海です」
HIZUMI
「俺のサメです」
TSUKASA
「でえごの花のように咲き乱れていきましょう」

とかそんな内容の話。
それぞれおはようございますとか挨拶をしてから30秒くらいずつだった。
マニアも元気におはようございますと返す。
ZEROがしゃべり始めると「見えないー」の声があがったので、ZEROは一段上へ上がった。
気のせいかメンバーが気合い入りまくりのように感じられた。

バスから降りた頃には3号車での挨拶も終わったらしく、メンバーとスタッフ達が集まっていた。
その横を通り過ぎ、バスガイドさんに続いてマニア達は水族館へ向かう。
空と島と海とマニア



気が付くとすぐ後ろにメンバー達が歩いている(笑)
後ろを振り返る度に離れていっているが、溶け込んでいる。
しばらくして別の道に分かれたようだ。


10:45頃
美ら海(ちゅらうみ)水族館へ www.kaiyouhaku.com/
入場券をもらって中へ。
案内板入館券


お客さんはいっぱいでした。

ヒトデに触れたり、
プラネタリウムがあったり、
サメの歯が交換式だったり、
16枚の観察ガイドというのを集めたりした。

水中魚達
噂のサメ?




メンバーはそれぞれスタッフ一人ずつくらい付いて歩いている。
Karyuはすぐ見つかった。
HIZUMIは結構なんか言ってる。
”写真を撮るKaryu”を撮るTSUKASAを見た。

話しかけてもよさげな雰囲気ではあるが、それどころじゃない。
時間がないのですぐ次へ移動しなければならない。
全部見切れない。


ひととおり見て外へでると正面にKaryuがいた。
次第にそこへメンバースタッフらが集まっていく。

とりあえず海へ向かう。
海海海



集合場所へ向かう。結構歩くことになるので早めに。
途中にイルカとウミガメがいたと思う。
たまにプハッって言ってる




12:00
駐車場と水族館の間にあるレストハウスという小屋?に集合。
ほとんどガラス張りで外が見えるんだけど、その一面に、子供達の集団が。
だいたい集まったところで、JTBの人がしゃべる。
何言ってるのかさっぱりわからなかった。
メンバー達が並び、マニアにも列ができる。
どうやら、交流…??
マニアは最初一人ずつ進んでいたのが、すぐにグループごとになり、
一言もしゃべれませんでした…。


バスへ戻り、予定より大幅に遅れたようで12:55頃出発。


バスガイドさんの話。

「名前を覚えました~」
「おおー!!」とマニア。
誰さん誰さん、とメンバー4人の名前を言った後、
「さっきメンバーさん達が使っていたのは、このマイクでしたか?…あっ後ろのマイクでしたか…残念。少し意識してしまいました。まだ誰も触れてないのでみなさんチャンスです。私もファンになるかもしれません。」
「化粧時間があと1時間あります」

ゆいまーるの歌を披露する。
これが沖縄~と歌ったら「ゆい!」と言って手を挙げてください。
歌が始まる。
これが沖縄~「ゆい!」
ゆいゆいゆいま~る~♪

ノリのよいマニア達。

首里城の歌が流れる。
4月から海開きで、海岸には「ビーチ」がつく。
匂いの話
ガイドさんは曲を聴いてみたいので、CDかMDを持っている人を探す。
MDを持っているマニアがいたのでそれを聴く。
Angeldustから始まり、いろいろな曲が流れる。
とにかくノリのよいマニア達。


気が付けば14:00
万座毛到着。
さっきバス内で決めた6人ぐらいずつのグループとメンバーとの写真撮影。
バスを降りる。
寒くはないけどとにかく風が強すぎる。
一方通行?の一本道?みたいなところをしばらく歩き
目の前は海。
マニア同士の会話をしてメンバーを待つ。
スタッフさん?草原



来た!!

メンバーらがそれぞれ海の写真を撮り始める。
それがひと段落するのを待つ。
落ち着いたところで写真撮影が始まる。
メンバー4人が並んでて、その前へ6人ずつ座るといった形。
メンバー全員サングラスだった。

撮影が終わったらすぐにバスへ戻れと言われる。
海の写真だけ撮りにいってバスへ戻った。
空と海象に見えるという

戻ると14:20頃だった。

この後の行き先は、時間がないため
予定していた”道の駅かでな”ではなく、パーキングへ寄ってからホテルへ戻る、と。
当初の予定すらイマイチ聞いてなかったが。

そしてガイドさん、タイプが決まったそうな。
「ぜろにいにいに決まりました~一緒の人~??」
手を挙げるマニア。
「口少なそうな優しそうなサングラスの奥の瞳が~」と。
本当はHIZUMIと迷ったらしい。あの白さにはびっくりしたと。
「いつかライブ会場で会いましょう~」
21歳の元気なガイドさん。

民家には四角いタンクがついている
水不足は夏に集中している
左耳のハイビスカスは既婚者
右耳は未婚者
両方は婚約中
上は募集中
お墓は住居の形をしている
方言のなぞなぞ(これが異国語みたいだった)

15:00-15:20頃どこかのパーキングで休憩。食事を摂っていないため少し腹ごしらえする。

ZEROの写真をどこからかもらって喜ぶガイドさん
好きな男性のために染めて贈る赤い布?をまわしてた。
想い込めてどうこう言ってた。


16:00ホテル到着
部屋で支度をしてからパーティー会場へ向かう。

17:00開場、地下1階の虹雲にて打ち上げパーティー





パーテー会場


マニアはみんな少しおめかししている様子?
会場の入り口で飲み物をもらう。
ステージがあって、向かって右側に司会席。
マニアの座るテーブルは、あらかじめ何テーブルの何番と指定されていてそこへ向かう。AテーブルからQテーブルぐらいまでで、ひとテーブル8人とか。
円形のテーブル。しかしどのテーブルも正面に向かった一つの席だけあいている。それが気になる。
筆記用具持参と予め言われていたこのパーティー。席には「生人生の非常口」と書かれた紙が2枚置いてある。これに質問事項を書けというらしい。
あとビンゴカードがある。


17:15頃から食事を始める。何を食べたか一つも覚えていない。
17:45頃司会者が話し始める。ヤツカさんというスタッフさん。「アンコールの時のようにD'espairsRay~と呼びましょう!台本に書いてあるので。僕は袖で聞いていていつも”引っ張って~”に聞こえるんですが。」
マニア達は手拍子付きで「D'espairsRay~D'espairsRay~」
といつものように叫ぶ。多少笑いが聞こえました。

メンバー達がどやどや出てくる。
HIZUMI「台本に書いてあっても俺ら言ってないよ」
2人は罰ゲームに落ち込んでいる。
「それだけでももとはとれる」とKaryu?


写真撮影に入る。
メンバー4人+1の撮影。
ステージは4分の3ぐらい見えない状態になっている。
そこへテーブル順に並んで一人ずつステージへ入って行って撮る。
自分の順番が近づいてきた時ちょいと覗き込んだらHIZUMIと目が合った。なのでそれ以上見れませんでした。
入る時も出る時も何だか見れない。どこにどのメンバーがいたのかもわからないぐらい。

全員の写真撮影が終わる頃、司会者が話をしている。
その時ステージからはけるメンバーが見えた。
見えないところから見えるところ、そのまま上手袖へ移動しているのだが
Karyuがてくてく歩いていき、HIZUMIはすぐに消える。
ZEROはこっちを見ながら歩いていて、
TSUKASAがありもしない階段を降りていった。
それを見たマニアが声をあげて反応するので、司会がどうしたかと聞き、理解する。
「TSUKASAくんが階段降りました~」と大声で言う。


生人生の非常口の用紙が回収される。それぞれメンバーの名前が書かれた箱へ入れる。それがマジックで手書きでZEROが「零」だった。一体誰が書いたのか。



しばらくして、
「D'espairsRayのみなさんです!」と生人生の非常口が始まる(?)
しかしステージ上には長テーブルがあってそれぞれのさっきの箱が置いてあるが、メンバーはTSUKASAとKaryuしかいない。
「あれ!?他の2人は?」と司会。

Karyuが顔を手で覆い、何かを堪えている。
上手側に注目が集まる。
そこには




ZEROとHIZUMIがやって来る。

2人とも似た様な格好をしているがHIZUMIが肩出し!!
2人は戦いを始める。
「勝負じゃ!!」
武器は刀と印籠。
刀は頭をよける。足をよける。超スローなのでよけきれず当たっている。
印籠は刀によって落される。
一度勝負がついたところで、
なぜか武器を交換する2人。
また同じことをする。
「これが目に入らぬか」
「よしこい!!」
ZEROが振り下ろした刀がHIZUMIの頭に当たる。
その直後HIZUMIが刀を頭上で受けるフリをする。
会場は爆笑に包まれる。
「ありがとうございました~」と去っていくZEROとHIZUMI。

司会がTSUKASAとKaryuとで話を始める。
これはTSUKASAとKaryuが台本を作り、アドリブがあったようだ。
もし一回も笑われなかったらブリッツで全員がやることになっていた。
と言うと、マニアややブーイング。

2人が着替えを終えて戻ってくる。
罰ゲームが終わって安心しきっている様子。


ここで乾杯をすることになる。
メンバーにはビールが渡されている。
司会は「僕は飲み物がないんで、この印籠で…」と言いかけ、「あった!」とどこからか飲み物が渡された様子。
「では、沖縄出身のTSUKASAくん」
「山形ですけどね」
といういらないやりとりがあってから、全員立ち上がりTSUKASAの合図で
乾杯!!
その時盛大な音楽が。










ここで
◆生人生の非常口



メンバーがそれぞれ自分の箱から一枚紙を引き、質問に答える。
順番はステージ上手側から、HIZUMI、Karyu、ZERO、TSUKASA

以下、特に印象に残ったもののみ記述。



ZERO:コスプレはどうでしたか?
「いい笑い者になれました。いつか仕返ししてやります。」

TSUKASA:スリーサイズ、服のサイズ、足のサイズ、指のサイズ、まるまるまるのサイズを教えてください。
「95、60…(えー!とマニアの声)じゃ90…」
というとHIZUMIに「何でその幅が30cmもあるんだよ」と突っ込まれる。
「まるまるまるは最高潮です」
司会「酔っ払ってらっしゃる?」
TSUKASA「絶好調です」

HIZUMI:今度マニアと旅行へ行くならどこがいいですか?
「ベトナム。海外とかすごい近場とか。」

Karyu:ライブで下手に背中を向けているのはなぜですか?
「それが一番格好いい角度だから。」

ZERO:おすすめのタコヤキ屋はどこですか?
新宿や大阪のタコヤキ屋を3つくらい挙げてた。

TSUKASA:今日一番おいしそうだった魚は何ですか?
「ジンベエザメ」
HIZUMI「あれ魚じゃないよ。哺乳類でしょ?え!卵あるの?」
司会も一緒になってサメが魚なのか哺乳類なのかしばらくもめる。結論は出ず。
TSUKASA「絶対食べてやります。頑張ります」

HIZUMI:髪が短くなっていってますがどうするのですか?
「伸ばすとバランスが悪くなる。どうしたら」
TSUKASA「その気持ちわかります」
ZERO「その気持ちわかります」
元祖なのでマニア爆笑。



3週ぐらいまわったところで終了。
途中、メンバーと司会だけの会話になってる時があった。マニアは突っ込みようがないから。
1人2枚ずつも書かせておいてこれだけしか読まれなかったってどういうことだ。







「まだまだしつもんがのこされていますが」



◆マニア検定

問題用紙が裏にして配られる。
説明がある。
「成績が悪いと退場になります。上位5名の方はメンバーと2ショット撮影。下位5名の方は僕と2ショットになります」
それは嫌だ。
「制限時間は15分。カンニングは禁止です。問題用紙がない人手を挙げて。ある人?ない人?ある人手を下げて!」なぜか遊ばれるマニア。

HIZUMIからスタートの合図がある。

HIZUMI「よーい、どん!…て言ったら始めてください」
司会「やっぱり…」
HIZUMI「よーいどん」

一斉に問題を表に返して問題に取り掛かるマニア。
メンバーが暇になる。







マニア検定問題(覚えている限り…)

初ワンマンの会場はどこか
3枚目のCDのタイトルは
アルバムMIRRORの5曲目は凍える夜に咲いた花ですが、その2曲前のタイトルを正しく書きなさい
檻の中で見る夢の作曲者はKaryuですが、アニマルマニアバージョンの作曲者は誰か
4人の吸っているタバコの銘柄をそれぞれ書きなさい
セコセコ働いている牛の名前は
Karyuの飼っている猫の種類は
ZEROのはまっている食べ物は
HIZUMIの財布の皮は何の皮か
TSUKASAデザインのステッカーに書かれている文字は
Karyuのはまっている酒は
SquallのPVで一番最初に映るのは誰か
昨日のライブでメンバーが着ていたTシャツのシーサーの名前をそれぞれ書きなさい
穴埋め問題一部分を3曲分
4人の誕生日を全て足して最後に2を引きなさい

とか




先生が見回りに来る。
ステージに残された他のメンバー達はただ飲んでる。

両手を後ろへ回し、前かがみでマニアの中を歩き回るHIZUMI。
メンバー達の「珍回答はないですか?」の問いには、「みんなマジだからボケてないよ」と答える。
穴埋め問題の出来が良くないらしい。
時間が経つにつれて先生からヒントが出る。
曲のタイトルは
quarter void、"Forbidden"、Angeldust
HIZUMIが軽く歌ってみせるがさっぱりわからない。

その頃、
TSUKASAとZEROが飲み合っていた。
ZEROが眠そうにもしていた。
Karyuはたまにいなくなったりする。
TSUKASAがさっきの刀を気に入ったらしく、振り回している。マニアがそれを受けるフリをしてたりした。

メンバーを見ているのも面白いが問題をやらなければならない。


15分経過。終了。
名前の書き忘れはないかの確認をしてから回収。
しゃべりながら考えながら悩みながら楽しみながらな時間でした。

司会「自信はありますか!?ニューヨークへ行きたいかー!?」
マニアはだんだんついていけなくなる。






◆シンクロクイズ

メンバーに出題された質問で、メンバーが何と答えるかをマニアが予想して当てるというもの。
これはチーム対抗で代表者を決め、代表者はチームとしての答えをまとめ、紙に書いて発表する。
メンバー各2問ずつ。全8問。
正解数が多かった優勝チームには、全員にサイン入りパネルを!一番悪かったチームには僕の特大パネルを!!



助っ人としてメンバーが各テーブルをまわる。
HIZUMIが出題されている時、他3人はそれぞれ司会から指示のあったテーブルへ行く、という具合。

全員がそれぞれの位置につき、ステージに1人取り残されたHIZUMIのマイクを持つ手の小指が立っている。





HIZUMIへの質問

・一番印象に残っているライブは?

マイクを持ってマニアの中にいる他のメンバーからヒントを求める声があったりする。
メンバーがいるテーブルではメンバーが力を発揮しているはずだ。
書き終わったところで全チーム一斉に答えを頭上に上げる。
いろんな回答があった中、HIZUMIの出した答えはチッタ。

・今日食べたい料理は?

HIZUMI「俺もわかんねえ」
参考に昨日食べた物の話があり、他のメンバーからしつこい質問がある。




Karyuへの質問

・今観たい映画は?
これにもしつこい質問がある。

・Karyu作曲の中で、これ来たってメロディーは?
非常にわかりやすい問題だった。
全チームの回答がSquall。




ZEROへの質問

・今食べたいのは何焼きですか?
全チームタコヤキ。

・ライブ前に必ず飲むもの。
味についてしつこく質問があがる。



メンバーがひととおり全チームを回りきったので、最後のテーブルに3人ぶち込まれる(笑)
最初のテーブルに戻るかどうするかもめるが、結局ステージに戻ることへ。




TSUKASAへの質問

・好きなジブリ映画は?
「一人アフレコしたことはありますか」
「飛びたいですか」
「しろですか」

「しお?」

「しろ!!」


HIZUMIとTSUKASAのやりとりが面白い。
答えはラピュタ。



最後の問題は何ポイントにするかで皆でもめた後、

・ライブで盛り上がる曲は?
TSUKASAが叩くフリをしてみせる。
マニアの答えは見事にバラバラ。
正解は意外にもin vainで、マニア「えー!!」の声。



Aチームが全問正解で優勝。
メンバーから一人ずつパネルをもらう。
Squallの写真に抱えるくらいの大きさの様でした。


メンバーがテーブルを回っている時、自分のいたチームは近くに座っていたメンバーの椅子の座り方について盛り上がる。
それとは別のメンバーがテーブルにやってきた時、マニアは特にキャーキャー言うわけでもなくおとなしかったように思う。そのメンバーは「俺全然わかんないよ!?」と言っている。
司会が、誰がどこテーブルと指令を出している時、「TSUKASAくん、H」と言う。司会が気に入ったらしく、何回もTSUKASAくんHと言っていた。(エイチではなくエッチと言っている)
MだかNだかわからないHIZUMI。マニアに「N!N!」と口々に言われていた。








◆マニア検定の答え合わせ

フロアの前の方にホワイトボードが運ばれてくる。
メンバーの手元にはマニアの解答用紙が行き渡っている。

問題文が読まれ、司会がメンバーを指名して正解を答えてもらう。
正式に書けという問題は、メンバーがステージから降りてホワイトボードに書いていってくれたりする。
メンバーそれぞれの答えを書けという問題は、メンバーがそれぞれ答える。
シーサーの名前の時だったか、司会に「し○○くん」と呼ばれ返事をしたメンバーがいたり。





SquallのPVで、最初に映るのは誰か
再現する。

音担当、Karyu
HIZUMIが椅子をやや前に出す。

司会「3秒前、2、1」

Karyu「ふぅーーーーーーん」
HIZUMIうなだれる。

正解はHIZUMI。







超難問穴埋め問題


作詞をしたメンバーがホワイトボードに書きに来る。
quarter voidはHIZUMI
「線を創る蟻の様に」の部分

"Forbidden"はKaryu
英語に自信がないというKaryu先生
歌えー!のところ。

AngeldustはHIZUMI
囁いてとか生まれるとかいうところ。
書きミスるHIZUMI。
「ホワイトボードで噛まないで」と司会に突っ込まれる。











マニアの珍回答

タイトルで、「棚の中で見る夢」
吸ってるタバコで、タバコのイラストを書いた人
穴埋めで、「中略」
勝手に作詞しているマニア多数。

他、珍回答多数!!
笑いが絶えません。



誕生日を足して2を引く問題で、計算式は出来ているのに答えが合ってない人とか。

真面目に書いてるのに間違えてる人や、
狙って書いている人もたくさん見受けられた。

マニアはすごい。


メンバーが問題をバサバサし、珍回答を探しているのを見て司会は
「職員室で採点している先生みたい」と。





途中、
「隠れてタバコ吸ってます!」と、告げ口の声が起こる。
教室でタバコ吸っちゃいけませんと司会に怒られるメンバー。
メンバーの名前の書いてある箱の背後からもくもくしていた。






答えあわせが全て終了すると、
高得点を獲得したマニアの名前が発表される。
3位が4人で計6人が2ショット撮影の権利がもらえる。



ここらで休憩を挟んで、ステージでまた撮影をやっている様子。
それと4+1の撮影の時、不具合があった人は撮り直し。メンバーの頭が切れてるとか。




ステージにはスクリーンが降りている。
その下に2人分の足が見える。
ムーンウォークしてる。
隙間から見えたらKaryuとTSUKASAだった。







◆ビンゴ

メンバー達はステージから降りてスクリーンの前辺りに椅子に座っている。
進行にTSUKASAも加わるため司会席の方へ行く。

ルール説明がある。
スクリーンに数字が出る。
メンバーがリモコンでスタートとストップを押す。
リーチになったら、立ち上がり手を挙げて「マニアッ!」
ダブルリーチになったら「ダブルマニアッ!」
ビンゴになったら「アンビューティフル!!」
アンビューティフルになったら、くじを引いてそこに書いてある景品がもらえる。

景品というのは、メンバーそれぞれ
メンバー着用のツアーTシャツで、カーキと黒を1名ずつ
私物を2名
沖縄土産を3名




沖縄土産を紹介する

HIZUMIのがその場にないためHIZUMIがいなくなる。
Karyuはシーサーとか
ZEROはゲゲゲのゴーヤおやじとか
TSUKASAは瓶に手紙を入れて流すやつとか(流しちゃうの?と散々突っ込まれる)

HIZUMIのがなかなか見つからないためか、HIZUMIがしょっちゅういろんなところから顔を出す。
そしてサッと隠れる。
結局説明だけする。
幸運の手、こっこの沖縄限定のCDにHIZUMIのサインを入れて
とか




そしてゲームは始まる。








カシャーン

数字が出て来るにつれマニアッ続出
アンビューティフルになったくじには、誰の何の何番とか書かれている。
HIZUMIがなかなか出ない。「本当に入ってんの?」
景品はメンバーから手渡しされている。


KaryuのTシャツはライブでわーっとやってるから首のところが伸びているらしい。
ZEROの私物がピアス。指輪!マニア「うぉーーーーーぅ」
TSUKASAの私物が代々起こしてきた目覚まし時計。サインが入っているのでいつも8:10位を示しているらしい。
景品が出尽くしたころ、HIZUMIがまだ余ってると言う。それが幸運の手だった。


TSUKASAが音がいいと言っていた。カシャーンという音。
ゲームが終わっているのに画面が動いている。
数字が表示される。
しかしその頃その音声はオフになっていた。
メンバー誰かが音を発したかったようだ。

個人的にマニアッにもなれず…。






◆ジャンケン大会

景品は、2組4名様に横浜ブリッツへのバックステージ招待。
マニア全員立ち上がる。
メンバーはステージにいる。
メンバーが順番にじゃんけんほいをする。
あいこはどうするどうするどうする
セーフ
4回終わる頃には随分減っている。
勝負が終わる。





「最後はメンバーがお見送りするんで、メンバーは準備の方…」司会が言い始めると
横歩きを始めるメンバー。





退場の前に、一言ずつ。


またどこかへ行きたい。機会があったらまた
沖縄にまた来たらD'espairsRayとの思い出を思い出してほしい
とかいう内容。


ありがとうございましたとメンバー去っていく。
司会からも挨拶がある。

あるメンバーが!
HIZUMIが
「シーサーTシャツを用意したんで」

マニア沸く。
HIZUMI去っていく。





現実に戻って、明日の予定の説明。
さっき撮った4+1の写真が配られる。



出口にはメンバーが並んでいて、お見送りをしてくれる。
一人ずつ握手と会話が少し出来ました。

Tシャツも貰えました。
出たところで海で撮ったグループ写真がもらえました。



22:30頃終了

シーサーTシャツ




スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

<< D'espairsRay~線を創る蟻の行列ツアーin沖縄~③ // HOME // D'espairsRay~線を創る蟻の行列ツアーin沖縄~① >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://luiecap.blog24.fc2.com/tb.php/96-84741ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。