プロフィール

亜里

Author:亜里

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝。
温泉へ行かなかった。
1234


支度をして、3階で朝食を済ませ、売店へ行ったり、バスへ荷物を積み込んだり。
この時チェックアウトをした。

画像の悪用禁止
あっおはようございます。







今日は握手会。
9:45に1階へ集合。
10:05もう少々お待ちくださいと告げられる。

20分後。

10:25いしださんがまたやって来てしゃべり出す。

「ただいまメンバーのむくみを取っています。
昨夜はあの後メンバーだけで食事をとって、一度部屋へ戻り、飲みたい人がまた集まったんです。
『今日はこれで失礼します』と言ったのが4時ぐらい。メンバーで海に行った人もいるそうですよ。」




ここでやっとメンバーの準備が整ったらしく
やっと登場。

拍手と歓声で迎える。


出てきた順番は、
TSUKASA、ZERO、Karyu、HIZUMI。
マニアどよめき。

Karyuがニット帽にサングラスに赤い上着を着ている。
HIZUMI昨日と同じ!??

メンバーはその順番で向かって右側から座っていく。


メンバーからの朝の爽やかな挨拶。

HIZUMIとTSUKASAが「どっちから?どっちから?」と言い合う。
「じゃそっちから」ってなる。
しかし2人同時にしゃべり出す。

結局HIZUMIから。






HIZUMI「黄金風呂行ったら終わってて入れなかった。造りが不平等過ぎる。こっち顔しか見えない。」
Karyu「だめぜったいですよ。ねえマスオさん」
TSUKASA「え゛え゛ー!」





Karyu「夜、海辺を歩いた。波と戦って、輝いた。キャハハ、キャハハって青春できました。」
(マニアざわつく。)
Karyu「ねえマスオさん」
TSUKASA「え゛え゛ー!」
(Karyuに突然振られてそれを言うためにわざわざマイクを持って言うTSUKASA。言った後どうかしたのか目を閉じてしまった。)

Karyu「帽子とサングラスは寝坊じゃない。朝日がだめで。みんなもいい思い出ができてたらいいなと。楽しかったですか。次回も楽しい思い出を作れるように。」




ZERO「さっきブログに…認証してない。」
(今アップしたらと言われ)
ZERO「今ケータイ持ってない。しゃべり過ぎて喉が痛い。打ち上げという名目で打ちあがれた。今日はピンクをはいています。みなさんは何色ですか?」
Karyu「朝なんですけど」
ZERO「何色ですかとやわらかく聞いている。今日はいてない人いるかなと頭の中では爽やかに妄想しています。ぜひまた。」



TSUKASA「謝らなければなりません。遅刻して。30分か40分眠っていました。リーダーなんで許されると」
(マニア:えー)
HIZUMI「大ブーイングです」
TSUKASA「大丈夫です。リーダーなんで」
ZERO「リーダーは胸の上で鳴るケータイのアラームを消してた」
Karyu「リーダーと一緒の部屋だったんだけど、寝起き悪いね。一番最初のアラームで一回目が覚めて飯行ってきます~って出たらTSUKASAそのまま出てこなかった」
TSUKASA「飲み過ぎたのかも」
Karyu「そうでもないですよマスオさん」
TSUKASA「え゛え゛ー!…同じネタ何度もやったことないよ」
HIZUMI「そうだねおだゆーじさん」
TSUKASA「キター!!」
「朝から絶好調リーダー」
(しかし似てないと大不評)
TSUKASA「待っててくれてありがとう。パーティーボーイがめまぐるしい。年に2度も3度も何度でも。マニアとの旅行ってほんっとにいいもんですね。ブレイクしていきましょう。」



------------------------------

トークは終了。
朝から笑い過ぎた。
10:35メンバーが退出。
握手会があるので会場出たところでスタンバイの様子。
握手はもちろん超高速で終了した。


フロントの向かい側にあるツアーデスクにメンバーが描いた絵が掲示してあった。
さすがだと思った。
貴重な作品

そのままバスに乗るんだけれど、時間があったので海辺へ。
それほどキャハハキャハハはできなかった。
12

しかしホテルを見上げるととても迫力があった。
345

カメラに納まりきれない(笑)
それほど海とホテルが近かったということです。
678


バスに戻り出発を待つ。
バスバスバス

11:43頃メンバーではなくスタッフとホテル三日月の人に見送られて出発。

途中、市原SAで休憩。13:00-13:15。
その後1時間30分で着くと言っていたのに、14:15に東京駅近くに到着して道路に降ろされた。
帰りはほぼ眠ってたしあっという間だった。
ここらでほとんどのマニアともお別れでした。









今回は前回よりも近場で大人数で割とわいわいできたと思います。
湯けむりのくせに温泉へ行かなかったことが悔やまれます。
マニアの中に男の人を3人ぐらい?見かけました。
日本語勉強中の人も何人かいました。
周りにはHIZUMIマニアがとても多かったです。


今回のレポートは誰が発言したものなのか、今となってはわからなくなっているものが多々ありますが
想像してお読みするとよろしいかと思われます。


D'espairsRayさん、スタッフさん、カルビさん、ホテル三日月さん、マニアの皆さん
どうもお疲れ様でした。そしてどうもありがとうございました。





記事を読んでくれた人もお疲れ様でした。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

<< ◆◆メモ◆◆ // HOME // D'espairsRay線を創る蟻の行列ツアー~湯けむり編~in勝浦① >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://luiecap.blog24.fc2.com/tb.php/139-533e4efe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。