プロフィール

亜里

Author:亜里

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会場に入ると暗幕が続いている。フロアにたどり着き開演が近付くと一層熱気が強まる。
始まる直前にその暗幕が外れ涼しくなった。

今日はそんなに痛くなかった。



ZEROはだいぶ髪を切ったようだ。
Karyuがとにかく暑そうな格好だ。

BRILLIANTの他に新曲があった。今のうちらにぴったりの曲です、と。もっともっと高く飛びたい な歌でした。明るい感じの曲。マニアはもうのっている。

HollowでHIZUMIがタンバリンをかぶった。頭をすり抜けて首にはまってそのまま少し歌い続けてた。邪魔だったのかすぐに外した。
その頃KaryuとZEROはとても仲良さげにしていた。

Angeldustの前後に揺れるところで、ステージ後方のライトがさーっとフロアにまで突き刺しメンバーがよく見えた。
この曲でやっとHIZUMIが上手へ下手へ動き始めた。

KaryuとZEROが接近中、Karyuはすごく嬉しそうだった。


MC
いいライブだ
修行から帰ってきてからワンマンが…。(←日にちが出てこない様子)
待っててくれるか?
待てないか?
ごめん待ってて









アンコール3回のまとめ


ライブ日程がわかったHIZUMI、予定を告知する。アカサカブリッツで!!(なぜかはきはきしゃべっている)
スーパーサイヤ人になって帰ってくる。金髪になるかもしれない。

Karyuがアンコールで出てくる度に疲れている様子で座り込んでいて、HIZUMIにアメリカでやっていけないよと突っ込まれてた。

PIGでKaryuがHIZUMIをギターに巻き込んでいる。HIZUMI困っている。

Karyuの放ったパーカーが、ドラム正面にあるHIZUMIの使ってたマイクスタンドにひっかかった。おおっ!?となったがTSUKASAがその分見えなくなった。

「ファシズム!!」と叫ぶとメンバーが”え?”って感じになり音が止まった。身振り手振りでメンバーらが会話をする。TSUKASAが手で何かを否定しているのが見えた。
アンコールは裏で決めるから順番を間違えた、とHIZUMIがKaryuを示しているように見えた。真相は不明。

ファシズムの突っ込みが激しくて何も見えなくなった。HIZUMIも今日はきつそうだと言っていた。小さくなってるとき確かにしんどいと思った。




メンバーはそれぞれグッズのタオルやパーカーやTシャツやアームバンド等をしてた。
TSUKASAは紫のタオルを広げている。
ZEROはパーカーを頭まですっぽりかぶっている。
Karyuはタオルを持っていて、HIZUMIはTシャツにタオル。
頭を出したZEROは内側にTシャツを着ていた。
HIZUMI「バスタオル、ヤザワみたいだろ」



3回目のアンコール出てくるのが早かった。最後はせっかくだからと新曲をもう一回やってくれた。マニアは前後に揺れて頭を振っていた。

曲が終わると
ピックを投げまくるKaryu。HIZUMIが接近していて危ない場面があった。

マニアの手を触りまくるHIZUMI。下手から上手へ移動していく。Karyuに行き着いたのでKaryuとは握手をしていた。


HIZUMIがありがとうと叫び、かかっていたパーカーを頭までかぶって着て去って行った。





21:13頃終了




「浮遊した理想」
Garnet
DESERT
TRICKSTeR
Kaleidoscope
DAMNED
Angeldust
新曲
SIXty∞NINe
凍える夜に咲いた花
BRILLIANT
Reddish-DIVA version-
Hollow
MIRROR


EN)

PIG
"Forbidden"
in in vain
ファシズム
「タトエバ」キミ…ガ…シンダ…ラ
新曲


スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

<< 渋谷スペイン坂スタジオ~D'espairsRay~ // HOME // Zepp Tokyo~Zy.創刊7周年記念 stylish wave ILLUSION'08 Vol.1-2~ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://luiecap.blog24.fc2.com/tb.php/106-7ac31044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。