プロフィール

亜里

Author:亜里

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BEAT SHUFFLEの始まる数時間前になると、大宮アルシェ5階にあるスタジオの前にはゲストのポラが飾られる。一枚の板に張られているため過去数か月分のものしかないがかなり貴重だ。

集合時刻は18:00。アルシェ前1階外の噴水よりに列ができる。身分証明書を提示して観覧整理券と質問用紙を受け取る。

18:40。再びこの場所へ集合。会員の人10人くらいずつ並ばされ、エスカレーターで5階へと案内される。その後に一般の人また10人くらいずつ。

たどり着くとスタジオ前には囲いができている。多少外から見えないようにもされていた。また、囲いの中にも空いている空間ができている。それに対してスタッフは整理券をお持ちでないお客さんを入れることもありますと言っていた。けれども40~50人くらいはいたと思われる。

18:55頃。ガラスの向こうのカーテン?幕?が開かれる。3人の男の人が見える。そのうちの1人がマイクの前にいる。私達観覧者をよく見る。
浅井さんだ。
19:00。ラジオの音声。時報が響く。番組が始まる。

オープニング後、曲。その間…だったか、浅井さんは海外ライブ告知のポスターをこっちに向けて見せてくれてたりした。
CMへ入るとスタッフさん達が慌しく動き出す。
そして



浅井:7時16分をまわっています。浅井博章がスタジオアルシェから公開生放送でお送りしていますNack5 BEAT SHUFFLE!ここからはゲストコーナーバックステージジャムです。今夜はこのお二人をゲストにお迎えしました!自己紹介お願いします!

HIZUMI:D'espairsRayボーカルのHIZUMIです

TSUKASA:D'espairsRayドラムのTSUKASAです

浅井:はいよろしくお願いします!!

HIZUMI&TSUKASA:よろしくお願いします

浅井:はい、あの年末にね、ライブサイドという大宮ソニックシティで行われたイベントに出演していただいてお会いするのはそれ以来ですが…はい。今日もあまりテンションが高くないようですが

HIZUMI:なことはないです!

浅井:なことないですか!スタジオ入ってくるなりね「首いてんだよ~」

HIZUMI:(笑)

浅井:体痛いんですか?

HIZUMI:最近リハーサルを。ライブのリハを

浅井:首が痛くなるほどリハーサルをやるんだ。リハーサルでこう…

HIZUMI:すごい運動量ですよ

浅井:あそうなんですかみなさん

TSUKASA:ライブさながらです

浅井:あの一応こっち側に客がいるっちゅーことで

HIZUMI:想像しつつやってますから

浅井:じゃ煽りとかも?

HIZUMI:煽りはやらないです恥ずかしいんで

浅井:MCの練習はしない?

HIZUMI:ないです。行き当たりばったりで

浅井:現在ちょうどリハーサル中3月21日から。4日後からツアーが全6本で行われるというD'espairsRay。お忙しい中お越しいただきましたけども。はい。あのー3月生まれなんですよねお二人ともね。おめでとうございます(拍手)

HIZUMI&TSUKASA:ありがとうございます

浅井:3月2日がHIZUMIさんの誕生日で、TSUKASAさんが3月6日だったんですけども、お誕生日祝いは何かしたんですか

HIZUMI:これ9日ってなってる(笑)

浅井:ちょっと間違ってます。お二人は誕生日祝いは何かしてもらったんですか?みなさんから

HIZUMI:はいあのー誕生日にCDが出来たんでそれがお祝いのプレゼントに

浅井:(笑)めっちゃ仕事

HIZUMI:完成した日が誕生日だった

浅井:なるほど3月2日に今回のシングルが出来たと。はい。6日には何かあったんですか?

TSUKASA:取材がありました

浅井:(笑)普通に働いて…

TSUKASA:働いてました

浅井:でもその取材したね…雑誌か何かですか

TSUKASA:そうです

浅井:そのこう取材した雑誌の編集者の人とかライターさんとかがケーキを用意してくれたとか当然あるわけですか?

TSUKASA:そうですねシャンプーとか

浅井:シャンプー!使ってますか?

TSUKASA:使ってます

浅井:今日はエクステをつけて…最近?いつもトレードマークみたいに?

TSUKASA:いやだいぶ前からエクステはついているんですけど

浅井:はいはい

TSUKASA:まぁ一段と光り輝いて

浅井:光輝いて。輝いてますよね。そしてHIZUMIさんのヘアスタイルも変わりましたけども今年になってから金髪に変えたと?

HIZUMI:そうです

浅井:いかがですか?

HIZUMI:うーん…ケアが大変です。

浅井:そうなんですか?

HIZUMI:黒髪のときはそんなに痛まなかった

浅井:はいはい

HIZUMI:ブリーチを頻繁に使うんで

浅井:はい。こうゴワゴワになってきてね。枝毛になったりしちゃうという

HIZUMI:(笑)

浅井:トリートメントとかちゃんと

HIZUMI:まぁ細かく美容室に行かないと

浅井:なるほど。ということは頻繁に美容室に行ってという。はい。一方髪伸ばし中のTSUKASAさんは今後どのような展開を見せていただけるんでしょうかとxxさんから質問が。

TSUKASA:髪の毛の…

浅井:展開展開!すごいことになると?

TSUKASA:えどうでしょう。今ここが…。

浅井:ここって言われてもラジオなんで

TSUKASA:あっえと右の側面が

浅井:側頭部?

TSUKASA:2,3センチぐらいしかないので…短く

浅井:さらに短く?

TSUKASA:いや、それを隠していくつもりです

浅井:上の髪で?

TSUKASA:や、こっちからこう…

浅井:あのー髪の毛が薄くなった人のように…!こう左側にある毛を右側にぐわっと上から持ってって!

TSUKASA:サラリーマンにならない程度に

浅井:でかなり伸ばして。で一応右の側頭部に伸ばしていくんですかこれから

TSUKASA:一応そうです

浅井:最終目標は何ですか

TSUKASA:最終…最終目標は…んーまぁロックスターです

浅井:ロックスターっぽい髪型を!

HIZUMI:意味わかんねー

浅井:意味わかんないすけど。はい僕はわかんないけどね。とりあえず特徴のあるヘアスタイルなんで皆さんぜひ二人の姿をインターネット中継でご覧頂きたいなと思います。えーインターネットのほうはwww.nack5.co.jpそこに入っていただいてhithit.comをクリックしていただくと二人の姿を生で見ることができます!あのー2月にはアメリカで2回ライブが行われましたけどもあの今回のニューシングルというのはアメリカに行ってから帰ってきて?

HIZUMI:いえもう…えーとアメリカへ行く前には録りは終わってて

浅井:ああ

HIZUMI:でマスタリングだけ残ってて

浅井:仕上げの作業だけ日本に帰ってきてから?。今回のニューシングル一曲目に収録されているテーマというかどんなイメージでHIZUMIさんは作ったのでしょうか

HIZUMI:まぁこれを書く前に、人ってどういうあれかなっていうのを考えて。CDに対して人間ていうのを表現したくて

浅井:ほう

HIZUMI:でいろいろ自分に対して考えてみたり。でまあいろんなやなことがあったりとか。それでもやっぱりこう前に行かなきゃっていう想いっていうものを書いたのが

浅井:じゃあ3曲の中では比較的こう前向きな

HIZUMI:そうですね

浅井:想いをとくに詰めた

HIZUMI:はい

浅井:じゃあその曲を紹介してくださいお願いします

HIZUMI:D'espairsRayで凍える夜に咲いた花

♪「凍える夜に咲いた花」


メンバー様は、観覧席から見て向かって右側に位置している。手前にHIZUMI、奥にTSUKASA。浅井さんは向かって左側。
HIZUMIは深くキャップを被ってるし、TSUKASAはこの向きじゃ…!
でも時おり二人とも顔をこっちに向けるのでマニア達は見逃すものかと必死に見入ります。
二人が登場してくるなり、HIZUMIは手元のホワイトボードに何か書く。それを私達に向ける。

「元気?」

そのボードにはマジックが文字を邪魔するかのようにくっついていたため、浅井さんがそれを突っ込む。HIZUMI慌てて取る。
笑いが起こる。
動きを見て会話の内容を想像するしかありません。オフラインは聞こえないのです。

曲紹介するときはHIZUMIはマイクに異常に接近してた。
一曲目がかかっているとき、HIZUMIと浅井さんは何やら話しているが、TSUKASAは非常にゆっくりとした動作でペットボトルの水を飲む。そして

「手がふるえる」

とボードに書いて向けてくれました。
和やかな雰囲気に。

そして一曲目が終わります。



浅井:4月5日に発売となるD'espairsRayのニューシングル凍える夜に咲いた花を聴いていただきました。もう曲紹介が終わったあとすごくほっとした様子でねHIZUMIさん

HIZUMI:(笑)

浅井:「噛みそうだった今ー!」はい。無事に曲紹介もしていただけましたが。4月5日に発売されます今回はCDエクストラ仕様になっておりまして、同時発売でA、Bタイプがあります。それぞれに"Forbidden"とGarnetのライブ映像が収録されています。これは2月にフロリダで行われたライブのライブ映像。はい。そんな特典もついておりますけども。今回は新曲3曲入っております。この凍える夜に咲いた花という曲はもう年末ぐらいからライブでは披露していたそうですけども。今回は3曲収録されておりますけども、レコーディングではいかがでしたか?TSUKASAさん!何か難しかったこととか。

TSUKASA:そうですねあのー。凍える夜に咲いた花ではないんですけども

浅井:はい

TSUKASA:PIGっていう曲で。

浅井:はい

TSUKASA:えーと何でしょう…まぁ音源には入ってないんですけどKARYUと二人で

浅井:はい

TSUKASA:コン…コンガっていう楽器を。

浅井:ほうほうほう

HIZUMI:それMAZEだろ

TSUKASA:あ

HIZUMI:PIGじゃなくて

TSUKASA:あ、すいませんちょっと緊張しました

浅井:はい(笑)あのーパーカッションですね今回。足の間にこうたてて

TSUKASA:ああそうです

浅井:叩くやつですね。

TSUKASA:それがですねなかなか音が

浅井:いい音が出ない?

TSUKASA:出ないんです

浅井:はー

TSUKASA:でプロの人に叩いてもらったんですけど

浅井:うんうん

TSUKASA:やっぱりプロだなぁっていう

浅井:あのーレコーディングされたバージョンはじゃあメンバーじゃなくプロの人に結局叩いてもらうことになり

TSUKASA:そうですねま本当は自分でやるつもりだったんですけども。ここはいい音で録りたいなっていうことで


浅井:へーやっぱドラム叩くのとは全然違いますか

TSUKASA:そうですね手が赤くなりますね

浅井:あそう。でもやっぱリズムをとること自体は同じじゃないですか?

TSUKASA:そうですねノリノリでやったんですけど。KARYUと二人で何か痛かったねーと。
浅井:痛かったねーと(笑)

HIZUMI:すごかったもんねあれね。やっぱプロはちげーなと

浅井:ああ本当に?までもこれから練習してみたいとあんま思わないですか

TSUKASA:何か活力剤としてはやってみたいなってのはあります

浅井:他に何かやってみたい楽器とかあるんですか?新しく取り入れてみたいとか

TSUKASA:バイオリンを

浅井:ホントか!?

HIZUMI:(笑)

TSUKASA:やってみたいのはいっぱいありまして

浅井:うんうん

TSUKASA:バイオリンは一回触ったことあるんですけど

浅井:ほうほう

TSUKASA:何かフレッドがなくて

浅井:あフレッドがない

TSUKASA:音程が難しい

HIZUMI:音鳴ったあれ?

TSUKASA:一応ギコーって感じで

浅井:へーあのちゃんと練習してみたいなと意識が

TSUKASA:はい

浅井:なるほどね。までもストリングがね入ったD'espairsRayの曲でだいぶこう何か

TSUKASA:厚みが出ます

浅井:厚みが出る気がします

TSUKASA:レコーディング?

浅井:レコーディングです。生のバイオリン

HIZUMI:そりゃあプロ呼ぼう

浅井:(笑)やだからライブで弾き語りでバイオリンとボーカルのみとか

TSUKASA:難しいな

浅井:(笑)そしてHIZUMIさん今回のレコーディングに関してはいかがでしたか

HIZUMI:そうですね特に何か変わったエピソードもないですけども

浅井:歌詞とかあまり苦労しなかったですか?

HIZUMI:あぁー歌詞は苦労っていうか…

浅井:さっき言った相当でも広いというか深いというかテーマがある

HIZUMI:書くのがしんどかったとかはなくてあのその前に考えることが多すぎたってこと
浅井:どんなことですか

HIZUMI:その詩を書くにあたって

浅井:今回のテーマみたいなものを

HIZUMI:どこまで自分を掘り下げたらっていうのがあって。それが結構

浅井:なるほど。はい。レコーディングに入る前の段階で結構いろいろ精神的にね追い込んだという。そんなシングルが4月5日に発売されますぜひ皆さんチェックしていただきたいなと思います。じゃここでアルバムからもう一曲じゃあお送りしたいと思いますけども3曲目…え?ごめんなさいシングルからね。もう一曲お送りしたいと思います。これは3曲目に収録されてナンバーですけどもね。曲紹介をHIZUMIさんお願いします。

HIZUMI:D'espairsRayでPIG

♪「PIG」


PIGの曲にびっくり。凍える夜に咲いた花とはまったく感じが違う。
そんな曲とは裏腹に、ガラスの向こうでは3人で談笑が始まっている。そして3人でそれぞれ手を上下にあげさげしている。あぁあの話かなと予想しつつ曲を気にしつつ。
それでさっきのHIZUMIが「それMAZEだろ」って突っ込んだ時、TSUKASAは「すいませんちょっと緊張しました」って言いながら、自分の顔の右側をべしべし叩いてた。笑

曲が終わって…。



浅井:4月の5日に発売となるD'espairsRayのニューシングル凍える夜に咲いた花の3曲目に収録されている曲PIGを聴いていただきました。この時間はD'espairsRayからHIZUMIさんとTSUKASAさんのお二人をゲストにお迎えしているわけですけども、あのーD'espairsRayはツアーが決定しております。先ほど言いましたとおり、現在ツアーリハを行っているという今回のツアー。新潟CLUB JUNKBOXからスタートして全6本が行われますけれども。あのー、私の声で収録したラジオスポットがね、ナックファイヴ公演!ってやつがあの今Nack5で流れております。あのそんな感じでメンバーが自らこのライブの告知をさせて欲しいと!

HIZUMI:(笑)言ってないし

浅井:ということで原稿用意し(笑)ということでTSUKASAさんからライブのCM風に!はいじゃあ日程を

TSUKASA:えー、ナックファイヴ!!公演。D'espairsRayライブトゥアーニセンロク!PIG HEADED!4月15日ラフォーレミュージアム六本木で開催。えーチケットは3月19日発売。お問い合わせは…ゼロサン!ゴゥナナニィゼロキュウキュウキュウキュウ!!ホットスタッフプロモーションまで。

浅井:最高!いい感じいい感じ。じゃあ続いてHIZUMIさんからも

HIZUMI:えぇ━━━…えー、ナックファイヴ公演!!D'espairsRayライブツアーニセンロクPIG HEADED!4月15日ラフォーレミュージアム六本木で開催、チケットは3月19日発売。お問い合わせはゼロサンゴウナナニイゼロキュウキュウキュウキュウ、ホットスタッフプロモーションまで。

浅井:いいじゃないですかいいじゃないですか!はい、2回も告知しましたからね

HIZUMI:恥ずかしーコレ!!

浅井:そうですか!

HIZUMI:人前に出ないから最近もう緊張する(ベシッ

浅井:ペン投げなくても(笑)はい、というねライブが予定されております。現在ツアーリハ真っ最中。えー今回はTSUKASAさんがニュードラムをお披露目するということですけども

TSUKASA:ああそうですね

浅井:はいあのー前と比べてどう改善されたというか

TSUKASA:かなりハイブリッドなサウンドで

浅井:ハイブリッドなサウンドってまたよくわかんないすけど

TSUKASA:カタログにも書いてあったんですけど

浅井:ふんふん

TSUKASA:言葉に惹かれてああすごい融合的な音なんだな

浅井:うんうん

TSUKASA:実際叩いてみたらD'espairsRayにすごいマッチしたサウンドが流れる感じなんで楽しみにしていて欲しいと思います

浅井:なるほど新しいドラム

HIZUMI:リハを今やってるって言ったじゃないですか。やりづらいんすよね

浅井:何でですか!?

HIZUMI:ドラムとかにこう足を載っけたりすると怒るんですよ

浅井:はいはいはいはい

HIZUMI:足載せないでとか言って

浅井:思わず乗っかっちゃったりしたくなりますよねテンション上がったら。「ダメだよー」と

TSUKASA:ライブではいんですけど

HIZUMI:でわざわざみんなセンターに集まってこう足かけるところから始まろうぜっていう…いやいや載せないで載せないで

浅井:ドラムはちょっと触んないで。ちゃんと何かラップしといたら?

TSUKASA:それはちょっとロックじゃないんで

HIZUMI:シンバルに触ると指紋つくじゃないですか。こういちいち拭きます

浅井:それもロックじゃないじゃん。言わせてもらうと

TSUKASA:いやあの楽器を大切に

浅井:(笑)なるほど。でライブのときに蹴ったりしたらあとあと「あれはないんじゃないの!?」みたいな

HIZUMI:それが俺は怖いんですよね

TSUKASA:あでも最近はそういうのパフォーマンスの一部として

浅井:認めるように

TSUKASA:そうですねかっこよければいいんじゃないかと

浅井:まあでもねあの他の楽器のメンバーがギターとかベースを蹴ったりとかないわけですけどもドラムの人は唯一他のメンバーから触られる

TSUKASA:狙われやすい

浅井:狙われやすい楽器を持っているわけですけども。他のメンバーやりにくいかもしれませんけども

HIZUMI:そういうことあると本人はもっとドラムにライブ中絡んできてよってたまに言うんですけど

浅井:なるほど

HIZUMI:絡みづらくなるんですよね

浅井:ねえあんま近づくと怒られるんじゃないかと

TSUKASA:まあそんなことはないんですけど

浅井:難しいところではありますけどまあどうなるか。はい4月15日ラフォーレミュージアム六本木でみなさんぜひチェックしていただきたいと思います。さて最近のお二人についても伺いたいんですけどもえーTSUKASAさんがですねアメリカでスリングショットにチャレンジしたという…これメンバー皆さんですか?

HIZUMI&TSUKASA:全員です

浅井:はい前回バンジーをされたんですけどバンジーよりさらに危ない

TSUKASA:前回スカイダイビングです

浅井:あっスカイダイビングか!はいスリングショットというのは地上からこう100何十メートルという…飛ばす、でそのまま落ちてくる

HIZUMI:そのままというか何と言うか

浅井:ぐぉーんぐぉーん何かバネみたいので椅子に座った状態で吹っ飛ばされると?怖かったですか?

HIZUMI:や、おれは楽しかったです

浅井:他の二人はどうですか?

TSUKASA:僕はちょっと怖かったです

浅井:あのーTSUKASAさんは怖がるとどういうこう…

TSUKASA:いやもうリアクション…大魔王というか自分でも

浅井:「コワイヨー」とか言うんですか?

TSUKASA:恥ずかしいですけどそんな感じです

浅井:HIZUMIさんちょっとモノマネしてみてください。怖がった時のTSUKASAさん

HIZUMI:どんなんだっけ?(身体をのけぞらせる

浅井:(笑)とりあえず硬直?

TSUKASA:顔の表情やばいです

浅井:(笑)あんま想像つきませんけど

TSUKASA:みんなは他の三人はすごいにこやかなんですけど

浅井:あーそう

HIZUMI:いやおれあの一番てっぺんで夜飛んだんですよ

浅井:はいはい

HIZUMI:で、何か夜景が見えたんですよフロリダの。それがずーっと頭ん中に残ってて

浅井:気持ちがよかったと

HIZUMI:またやってもいいなあと

浅井:はい向こうでタイバンをした他のバンドのメンバーとやったみたいですけども。他のバンドのメンバーとも結構仲良くなったんですか?

HIZUMI:そうですね一緒にシャウトしてましたその時(笑)

浅井:年齢的には同じくらいなの?

HIZUMI:あー年齢どうなんだろう

TSUKASA:不明です

HIZUMI:聞いたことない

浅井:あーそう。アメリカでねライブが行われたばかりですけども日本のライブでもぜひ頑張っていただきたいと思います。はいそして3月の8日にドキュメンタリーDVDというものが発売されておりますのでそちらのほうも皆さんぜひチェックしていただきたいと…これ内容アメリカの?

HIZUMI:まあの去年の海外での活動の何かひとまとめというか

浅井:はいはい。まあの海外での様子なんかっていうのはなかなか日本にいると見られませんので皆さんぜひDVDで楽しんでいただきたいと思います。というわけですね、今日はあのリスナーの皆さんへのプレゼントも頂戴しております。これ詳しい事はエンディングでお伝えします。ツアーグッズもりもり入っておりますご期待ください。それではですねもう一曲聴いていただきたいと思います。えーこれはあのニューシングル2曲目に入っている曲ですけども、作曲がTSUKASAさんということで。最近はネットラジオのほうでもDJなさっているのでDJさながらのかっこいい曲紹介を期待して

TSUKASA:それではD'espairsRayでMAZE

浅井:いい声だ!ビートシャッフルバックステージジャム今夜はD'espairsRayのHIZUMIさんとTSUKASAさんのお二人をゲストにお迎えしました。ありがとうございました!!

HIZUMI&TSUKASA:ありがとうございました

♪「MAZE」


ライブ告知が笑えた。二人ともツアータイトルまではかっこよく決めてるのに日程のところで素に戻るから。TSUKASAが告知してる時、その横でHIZUMIが爆笑してるのがさらに笑える。個人的には「キュウキュウキュウキュウ!!」がツボにはまった。マニアも皆爆笑してた。
で、最後のMAZEの曲が紹介された直後、

「今日はありがとうツアーでもりあがろう!!」

っていうメッセージを私達に向けてくれた。
その後ポラの撮影。メンバー様は向こうを向き、その向こうでスタッフがカメラを構えるんだけどメンバー様二人の間に微妙な間があるのよ。観覧客を写したいんだろうけど(逃
手を振ってお別れ。
曲が流れている間、Nack5の奥にいたスタッフがノリノリだった。
番組中、浅井さんのセリフで括弧書きになってるのはマネなのかそれらしく感情を込めて言っていた。(「首いてんだよー」とか「ダメだよー」とか)

CMが終わってから2曲くらい流れて、エンディング。
プレゼント応募のキーワードが「足のせないで」と発表される。
アディオス。
カーテンが閉められていく。最後真ん中を閉める時、ポラの貼られたボードがさっと出てくる。カーテンは閉められる。
さっき撮ってたポラが!!…見ると二人の間には誰も映ってなかった(笑)皆よけるわな。
二人ともかっこよかったし、すごい楽しかった!!


スポンサーサイト
<< 池袋手刀~bastard presents DRUG STAR maniacs vol.1~ // HOME // 渋谷O-WEST~Aesthetic†Angelic~耽美召しませ~ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://luiecap.blog24.fc2.com/tb.php/1-f5610a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。