プロフィール

亜里

Author:亜里

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステージには螺旋状のはしごのようなものが2回転半くらいあり、それに所々ライトが仕込まれている。。
ドラムセットを挟んで両側に壁?がある。荒んだ模様のついたそれが少し透ける。ステージ袖まで続いている。
18過ぎるとアナウンスが入る。映像収録のためカメラが入っているのでご了承くださいとか。
しばらくしてライブが始まる。
DAMNEDがかりメンバーが登場するが、TSUKASAは壁のため突然現れる。ZERO、Karyu、HIZUMI。衣装は特に変わってなかったと思う。


MIRRORの歌い出しのところで、爆音が鳴り響きステージ上空に火花が散る。
Kaleidoscopeの中盤でステージに花が舞い降りてた。曲が終わってもやまない。左右にゆらゆらしながら落ちていく。
SCREENの直前でHIZUMIが脱いだ。
KaryuとZEROが接近した時見つめ合ってた。
Squallはいい。
DESERTは怖い。スモークが音を立てるほど噴き出しているのでステージが真っ白で全く見えない。マニアも跳び合う。
Hollowで歌がややずれてるように聞こえた。歌うのを少しやめてたくらい。
KaleidoscopeでTSUKASAがスティックをすっとばしてるのが見えた。
ライトがあたるとTSUKASAがかっこよく見えた。
murder freaksでHIZUMIが客席からスタッフに連れ戻されていたよう見えた。飛んだのかもしれない。


本編終了後、メンバーがさっと去る。特にTSUKASAが壁のせいですぐ消えた。
アンコールを叫ぶが、ステージ奥にワイヤーでつられた幕が上がってくる。映像が映る。”2007 2nd TOUR”声を張り上げて喜ぶマニア達。日程が一日毎映されいろいろな反応。しかし一箇所不思議な場所が…。



アンコール1回目
ZERO、Karyuは涼しそうな格好になってた。
MC
ステージが紙ふぶきでいっぱいだ。こけるかもしれない。
ツアーが決定した。おかしいところがあっただろう。
山口…Karyuの実家だ。
Karyuがどうしてもやらせてくれと、実家でやりたいとよなよな言うから入れることにした。(Karyuはこの時手と首を横に振り否定していた)


アンコール2回目
メンバー全員紫Tシャツ。それでもKaryuはマフラーをとらない。
MC
ツアーが充実してて生きてる感じがした。
マニアは最高だ。

アドリブの話題。
Karyuが腕組みしている。
Karyuコールが起こる。
Karyuがズバッと音を出す。
HIZUMIが何が飛び出すかわからないとい「やれ!!」の合図でKaryuが弾き始める。
その流れでファシズムに入る。
今日はスタッフも全員座れー、カメラマンも
とか言ってた。




TSUKASAが水を噴き上げる。
ZEROがピックを投げる。
Karyuがピックを投げる。
HIZUMIが水をまく。
ZEROがKaryuに向かってピックを投げたのは確かに見た。
TSUKASAは去る時、一度上手方向へ消えてからまた戻って前方へ出てきてくれた。出てくる時はセンターまで来て手を上げクルっとターンしてた。


20:40頃終了。


DAMNED
Angeldust
MIRROR
in vain
SIXty∞NINe
PIG
Lost Scene
Closer to ideal
TRICKSTeR
SCREEN
Squall
凍える夜に咲いた花
Reddish-DIVA version-
DESERT
Hollow
「浮遊した理想」
Kaleidoscope

EN1)
BORN
"Forbidden"

EN2)
ファシズム
murder freaks

EN3)
「タトエバ」キミ…ガ…シンダ…ラ
アニマルマニア

スポンサーサイト
// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。